忍者ブログ
スウェーデン式ドッグマッサージセラピストとして活動しています のんびり、ぼちぼち…半分はわんことの暮らしの日記です
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/23 コハルビヨリ]
[10/21 ここまま]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
きみ
年齢:
46
性別:
女性
誕生日:
1971/03/30
職業:
スウェーデン式ドッグマッサージセラピスト
バーコード
ブログ内検索
P R
[20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

研修

わたしが通っていたドッグマッサージスクール
「Dog One GINZA」
では一年に何度か「フォローアップ研修」を行っています。
先日も研修があったので、久しぶりにスクールへ行ってきました!
毎回色々なテーマで研修が行われるのですが、今回のテーマは「統合医療」。

統合医療って動物医療ではあまり聞き慣れない言葉ですが、簡単にいえば、西洋医学だけではなく、東洋医学に代表されるような伝統医学や自然療法なども取り入れて、より患畜さんに合った方法を模索してくれる医療のことです。

今回の研修では、日本ではまだ珍しい動物分野で統合医療を取り入れてらっしゃる
「アリスどうぶつクリニック どうぶつ統合医療センター」の廣田院長先生
に特別にお話をうかがうことができました。

わがマッサージスクールの安居院先生が、こちらのセンターでマッサージを担当されていて、そのご縁で来てくださったとか。実際の獣医さんのお話はなかなか伺えないので、とても貴重な体験になりました。

廣田院長先生は、西洋医学はもちろん、漢方やホメオパシー、レメディ、アロマ、そしてマッサージに至るまで豊富な知識をお持ちで、それらを取り入れた臨床現場のお話は本当に興味深いものでした。

もちろん症状を抑えたり、からだの異常を数値化するという意味で西洋医学はなくてはならないものだと思いますし、有用だと思いますが、それだけでは治らないものもあるんですね。

ただし、そういった多岐にわたる方法を患畜さんに合わせて使っていくためには、膨大な知識とコミュニケーションが必要なのだということをひしひしと感じました。
人間のお医者さまでも、データだけを見て患者さんの顔すら見ない方もいらっしゃいますがそれでは統合医療はなりたたないんですね。

時間はかかりますが、もし自分の愛犬が難しい病気にかかってしまったら、こんな医療の方法もあるということを、みなさんにも覚えていただけたらと思います。

もちろんマッサージは統合医療のひとつの方法として有用です。

コハルビヨリでは、獣医さんにかかっているわんこさんは、ぜひ先生に一度相談していただきたいと思っています。

その獣医さんの考え方にもよりますが、西洋医学で補いにくい部分を少しでもお手伝いできたら…と考えています。

そして連携をとることで、わんこにとってより快適な状態を作り出せたら…と思っています。

ちなみにアリスどうぶつクリニック 統合医療センターは完全予約制とのこと。
セカンドオピニオンも歓迎してくださるそうですよ♪


コハルビヨリへのお問い合わせ・ご予約はこちらからお願いいたします♪



PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne