忍者ブログ
スウェーデン式ドッグマッサージセラピストとして活動しています のんびり、ぼちぼち…半分はわんことの暮らしの日記です
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/23 コハルビヨリ]
[10/21 ここまま]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
きみ
年齢:
46
性別:
女性
誕生日:
1971/03/30
職業:
スウェーデン式ドッグマッサージセラピスト
バーコード
ブログ内検索
P R
[51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41

漢方にちょっと興味

わたしは薬局では、お薬を売る人なんですけれども。

えー、ちゃんとそういう資格もあって、持ってるんですよ(^^)

で、この資格、年に決められた時間数の研修を受けなければ

いけないことになっているんですね。


先日そのひとつに行ってまいりました♪


毎回、法律改正などに伴う注意点などを午前中に、

午後はテーマ別の研修になるんですけど

今回、初めて「漢方薬」についての研修がありました。


もちろん、資格を取る際に「漢方薬」の勉強もするんですが、

コレはこういう効能があって…ぐらいしかやらないんですよね。

今回は漢方の体の捉え方、病気の考え方、などなど

もう少し基本的でありながら深い部分のお話をうかがいました。


わたしはどうしても、「犬だったらどうなのかな?」なんて

思いながら聴いちゃうんですけど(笑)


漢方は、血と気と水、のバランスを大事にしていること。

症状だけを見るのではなく、

その症状が出ている過程、というか原因はどこにあるのか。

ということを考えて治療をすること。


これは、マッサージをする時も同じで、

凝っている部分をほぐしてもほぐしても

また同じ部分が凝ってくる場合は、

ほかの部分をかばっているのか、それとも体の使いかたのクセなのか。

そこも含めてわからないと、いけないなぁと思っていて。




そして、大事なのはやっぱり観察力!

プラス判断力…。

うむ、がんばらないと(^^;



ということで、だいたい午後は舟を漕いでしまいがちなこの研修…。

思いがけず楽しく受講することができました。

いろいろ興味が散っちゃうのはよくないのかもしれないけど、

漢方入門の本も、読んでみようかなぁーなんて思ってます。



PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne