忍者ブログ
スウェーデン式ドッグマッサージセラピストとして活動しています のんびり、ぼちぼち…半分はわんことの暮らしの日記です
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/23 コハルビヨリ]
[10/21 ここまま]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
きみ
年齢:
46
性別:
女性
誕生日:
1971/03/30
職業:
スウェーデン式ドッグマッサージセラピスト
バーコード
ブログ内検索
P R
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

つっかいぼう

いま、継続的にマッサージさせていただいているわんこさんの中に、今年2歳になったコが2頭います。
どちらも1年ほど前からマッサージさせていただいていました。

1年ほど前ということは、まだ1歳そこそこ…体もできあがっていないし、くねくね、ぽにょぽにょ。
とくに疾患もなく、凝りやハリもほとんどありませんので、本格的なマッサージというよりは、体に触られることに慣れる、成長過程で偏りがないかを確かめるような施術をしていたのですが…。

どちらのわんこさんも人懐こいけれど、ずぅっと触れられたりするのは「いや~ん」という感じ(笑)
じっとしていられないお年頃ですものね。
そして決まって足先を壁にタッチ!その姿はまるでつっかい棒のよう…。
どこかに自分を固定させることで、気持ちを落ち着かせているのでしょうね。
どちらのコも同じことをしていたので、なるほど~と思いました。

そんなコたちももう2歳。さすがに落ち着いて、つっかい棒も必要なくなりました(笑)
ちゃんと力を抜いてリラックスできるようになったんですよ。
こんな風に若いわんこさんだと、その成長を楽しめるのも密かな役得です。

ずっとずっと元気でいようね!



コハルビヨリへのお問い合わせ・ご予約はこちらからお願いいたします♪
PR

できることを探す

今日はこれから、先日書いた、リンパ腫になってしまった友だちわんこのお家へ行ってきます。
最初の知らせを受けた時はまだ実感がわかなかったけれど、自分なりに調べたりしているうちに、だんだん、じわりじわりと。

残念ながらリンパ腫の場合、マッサージをしてあげることはできません。
表皮にできる腫瘍ならば、場所が判明していれば、そこを避けて軽いマッサージをすることもありますが。

そんなわけで、わんこに直接何かしてあげることはできませんが…闘っているのは、わんこだけではないんですよね。
飼い主さんも一緒に闘っています。
何ができるか、してあげられるか、一番考えているのは飼い主さん。
でも一番思いつめてしまいがちなのも飼い主さんだと思います。
自分がそういうタイプだったりもします。

でもわんこは今を生きる動物。
明日自分がどうなっているかなんて考えてないんですよね。
だから、明日を考えて思いつめるより、今を明るく過ごすほうが、わんこにとっては幸せ…。
でも、それってとっても難しいです。
とくに一人だと。

わたしにできること。
今日は飼い主さんを少しでも笑わせてあげること。
一緒にいるあいだ、リラックスできるようにすること。

わんこは今入院していますが、帰宅した時に軽やかな空気を感じさせてあげられるように…。

できること探し、長く続けたいと念じながら。
行ってきますね。


コハルビヨリへのお問い合わせ・ご予約はこちらからお願いいたします♪





飼い主の「手」と「目」

立春もとっくに過ぎてしまいましたが、まだまだ寒い日が続きますね。
気温が不安定な時に比べて、わんこも人間も体の負担は少ないのかな?と
思いますが、寒いこと自体やはり体力も使いますし、
とくにシニアやパピーのコたちは気をつけたほうがいいですね。

わが家の小春はシニアですが、先月末頃にすっかり冬毛が生え揃って
いまはモコモコ、それほど寒さを感じないようです。
以前は耳の先が冷たくなり、黒ずんで痒がったこともありましたが
(これはたぶんしも焼けだったんですね…)
今年はそんなこともなく、順調です!

日ごろから愛犬に触っている方は多いと思いますが、
どうしても同じ場所をいつもの触り方で…ということになりがち。
首の後ろをもしゃもしゃとか、胸のところをナデナデとか。

もちろん触らないより何倍も良いことだと思いますが、
耳の先はどうかな?手の先はどうかな?と触ってみることで、
え、ここがこんなに冷たかったんだ!ということもありますし、
逆にあれ、なんだかここは熱を持っているな、とか
ここを触るといつもと違った反応が出る、とか。
毎日触って、ようすを観察していれば、このくらいは日々の調子の範囲内かな、
ん、これは病院に行った方が…なんてこともだいたいわかってきます。
もちろん過信はいけませんが、小春のしもやけのように
あとから「そうだったのか」と気付くことも。


話は変わりますが、先日古い犬友だちから連絡をもらいました。
9歳の彼女の愛犬が、リンパ腫になってしまったとのこと…。
ある日急に、なかったはずのしこりがあり、あわてて病院へ行ったとか。

これから治療が始まります。
きっと、きっと、飼い主にとってもわんこにとっても、
辛く苦しい闘いになると思います…。
でも、毎日のように愛犬に触っていたからこそ、すぐに対応できた
そのことを是非忘れずに、後悔しないでともに闘って欲しい…。

愛犬の年齢が同じくらいということもあり、とてもショックですが
やはり愛犬の健康を見守っているのは、飼い主の「手」と「目」なのだと
再確認しました。


異変をいち早く見抜ける「手」と「目」、養いたいものですね。



コハルビヨリへのお問い合わせ・ご予約はこちらからお願いいたします♪


寒いですね…

寒い日々が続いていますね。
まさに寒さの底…ヒトは風邪をひいたりインフルエンザにかかったりと厄介な季節ですが、わんこたちは不思議と元気な気がします。
マッサージさせていただくコたちも、寒くなり始めの頃の方が今よりも冷えていたような。
わんこたちの方が、環境に慣れやすいのでしょうか?不思議ですね。

さて、そんな中、またTタッチのセミナーを受けて参りました。
今回は講義のみでしたが、大変興味深いものでした。
前回のワークショップで学んだことがあちこちで繋がったり、整理されたり。

Tタッチは基本的に副作用がないので、一般の飼い主さんも気軽に行うことができます。
コミュニケーションにも役立ちます!
マッサージとTタッチは、まだまだ同じようなものと思われているようですが、きちんと違いを理解して、効果的に使っていきたいものですね。



コハルビヨリへのお問い合わせ・ご予約はこちらからお願いいたします♪


明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます!

2011年はひたすら周りのみなさんの助けをいただき、なんとかドッグマッサージのお仕事を始めることができました。
本当にありがとうございました。


今年も関わったすべてのわんこさんたちを少しでも楽にさせてあげられるように、頑張りたいと思っています。


どうぞよろしくお願いいたします。

コハルビヨリ


コハルビヨリへのお問い合わせ・ご予約はこちらからお願いいたします♪




忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne