忍者ブログ
スウェーデン式ドッグマッサージセラピストとして活動しています のんびり、ぼちぼち…半分はわんことの暮らしの日記です
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/23 コハルビヨリ]
[10/21 ここまま]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
きみ
年齢:
46
性別:
女性
誕生日:
1971/03/30
職業:
スウェーデン式ドッグマッサージセラピスト
バーコード
ブログ内検索
P R
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

飼い主の「手」と「目」

立春もとっくに過ぎてしまいましたが、まだまだ寒い日が続きますね。
気温が不安定な時に比べて、わんこも人間も体の負担は少ないのかな?と
思いますが、寒いこと自体やはり体力も使いますし、
とくにシニアやパピーのコたちは気をつけたほうがいいですね。

わが家の小春はシニアですが、先月末頃にすっかり冬毛が生え揃って
いまはモコモコ、それほど寒さを感じないようです。
以前は耳の先が冷たくなり、黒ずんで痒がったこともありましたが
(これはたぶんしも焼けだったんですね…)
今年はそんなこともなく、順調です!

日ごろから愛犬に触っている方は多いと思いますが、
どうしても同じ場所をいつもの触り方で…ということになりがち。
首の後ろをもしゃもしゃとか、胸のところをナデナデとか。

もちろん触らないより何倍も良いことだと思いますが、
耳の先はどうかな?手の先はどうかな?と触ってみることで、
え、ここがこんなに冷たかったんだ!ということもありますし、
逆にあれ、なんだかここは熱を持っているな、とか
ここを触るといつもと違った反応が出る、とか。
毎日触って、ようすを観察していれば、このくらいは日々の調子の範囲内かな、
ん、これは病院に行った方が…なんてこともだいたいわかってきます。
もちろん過信はいけませんが、小春のしもやけのように
あとから「そうだったのか」と気付くことも。


話は変わりますが、先日古い犬友だちから連絡をもらいました。
9歳の彼女の愛犬が、リンパ腫になってしまったとのこと…。
ある日急に、なかったはずのしこりがあり、あわてて病院へ行ったとか。

これから治療が始まります。
きっと、きっと、飼い主にとってもわんこにとっても、
辛く苦しい闘いになると思います…。
でも、毎日のように愛犬に触っていたからこそ、すぐに対応できた
そのことを是非忘れずに、後悔しないでともに闘って欲しい…。

愛犬の年齢が同じくらいということもあり、とてもショックですが
やはり愛犬の健康を見守っているのは、飼い主の「手」と「目」なのだと
再確認しました。


異変をいち早く見抜ける「手」と「目」、養いたいものですね。



コハルビヨリへのお問い合わせ・ご予約はこちらからお願いいたします♪


PR

寒いですね…

寒い日々が続いていますね。
まさに寒さの底…ヒトは風邪をひいたりインフルエンザにかかったりと厄介な季節ですが、わんこたちは不思議と元気な気がします。
マッサージさせていただくコたちも、寒くなり始めの頃の方が今よりも冷えていたような。
わんこたちの方が、環境に慣れやすいのでしょうか?不思議ですね。

さて、そんな中、またTタッチのセミナーを受けて参りました。
今回は講義のみでしたが、大変興味深いものでした。
前回のワークショップで学んだことがあちこちで繋がったり、整理されたり。

Tタッチは基本的に副作用がないので、一般の飼い主さんも気軽に行うことができます。
コミュニケーションにも役立ちます!
マッサージとTタッチは、まだまだ同じようなものと思われているようですが、きちんと違いを理解して、効果的に使っていきたいものですね。



コハルビヨリへのお問い合わせ・ご予約はこちらからお願いいたします♪


継続すること

昨日はバーニーズの兄妹わんこさんのおうちへ行ってきました!
このコたちは私の修行期間を含め、もう1年以上2週間に1度の割合でマッサージさせていただいています。

まだまだ若いですし特に疾患はありませんが、超大型犬でよく遊んでいるので、どうしても足に負担がかかります。
初めて触ったとき、お兄ちゃんわんこさんの腿は冷凍肉みたいにカチコチでした(◎_◎;)
それでもケアを続けることで、柔らかく良い状態を保てるようになってきています。
お正月にたくさん遊んだということで、昨日はまた硬いかな?と覚悟していたのですが、疲れはあるものの冷凍肉にはなっておらす…(笑)
継続することによって、普段の状態が底上げできていることを実感しました。

バーニーズは短命な子もいるようですが、この子たちには
「歩ける状態」を長くキープして長生きして欲しいと願っています。

もちろんそのために、私も精一杯頑張ります☆


コハルビヨリへのお問い合わせ・ご予約はこちらからお願いいたします♪



明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます!

2011年はひたすら周りのみなさんの助けをいただき、なんとかドッグマッサージのお仕事を始めることができました。
本当にありがとうございました。


今年も関わったすべてのわんこさんたちを少しでも楽にさせてあげられるように、頑張りたいと思っています。


どうぞよろしくお願いいたします。

コハルビヨリ


コハルビヨリへのお問い合わせ・ご予約はこちらからお願いいたします♪


スポーツドッグ

わが家の愛犬、小春は以前アジリティというドッグスポーツをしていました。

ヘルニアになってからはほとんどしていませんが、以前やっていたご縁で、今もお友だちのスポーツドッグをマッサージさせていただいています。

スポーツドッグ、というとなんだか筋肉ムキムキ~なわんこを想像しますが、そんなわんこばかりではありません(^^;

犬種や大きさ、走りかたなどによって、体つきが全然違うんですよ~。

そしてやっぱり練習しすぎた時にはお??というくらい筋肉が張っていたりしますので、やさしくほぐしてストレッチを施します。

コハルビヨリはスポーツドッグのマッサージをする時はいつも
「怪我をしないように」
この一点を必ず頭に置いて施術します。

もちろんスポーツですから成績も大切です。ドッグスポーツでも世界大会とか、あるんですよ!

自分がマッサージしたわんこが世界大会へ行ったら…なんて考えるとぞくぞくします。

でも、成績の良いわんこさんでもそのほとんどは「家庭犬」なんですね。
引退をすれば、ふつうの家庭犬。そして引退後の年数のほうが長いこともあります。

バリバリにドッグスポーツをして、怪我をしてしまい、引退後の生活に影響がでるようなことは、その子にとっても飼い主さんにとっても負担になってしまいます。

ですからまずは「怪我をしないように」。
そしてのびのびとドッグスポーツを楽しんでもらえたらいいなと思っています。

折しも先日、エクストリーム競技の全国大会へ出たわんこさんをマッサージさせていただきました。

最近トレーニングができていないということで、少し筋肉量は落ちていましたが、相変わらずふわふわの良い筋肉をしていました。

当日寒かったので心配しましたが、無事に走りぬいて成績も上位に食い込む活躍!

のびのびと楽しそうに走る姿はいつ見ても良いものですね。
これからも体を大切に、頑張ってほしいなと思っています#%E:93%


コハルビヨリへのお問い合わせ・ご予約はこちらからお願いいたします♪





忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne